腎臓病はツライ!食事療法でしっかり治そう!


腎臓病を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。食事で摂取したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)であるため、適量は摂り入れるようにしてください。腎臓病の人のためにたんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。これらを上手く活用するのが長つづきのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳正に食事を管理しないとならない状況に陥ります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしてください。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分以外に水分の制限も付随してきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品にふくまれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみおこなう事となります。水分量の制限については病状や尿量により医師が判断します。食事療法を継続し腎臓への負担を軽くすることで、透析療法を遅らせることも可能です。勿論、私の目標「透析療法回避」です。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので独断で制限をおこなう事は危険です。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿と供に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内で増加し初めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。肉や魚その他卵や豆腐はおもったよりな量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもある為気をつけるようにしてください。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いてください。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、搾るようにすると、より多く除去できます。回復しないCKDの治療において最も重要なのは、「腎臓の機能を保つ」ことです。薬だけではCKDの進行を抑えることはできません。食事療法は全てのCKD治療の基盤になります。食事療法をきちんと続けることが何よりも重要になります。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を基につくられる老廃物であり、腎臓に行き分離された後尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。その他で言うと、妊娠時には、尿と供に出されるクレアチニン量が増加するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。体における3大栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)に糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)・たんぱく質・脂質が存在します。糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30~40gとなります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒クレアギニンEX 成分