介護食とロコモティブシンドロームの関係


食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、美味しいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、エネルギーと栄養をプラスしましょう。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具があると便利です。一般的に介護食は柔らかく、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをおすすめします。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。高齢の患者さんの食事が思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類の食事は出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう可能性が高い状態をいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまうといいます。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、丁寧に調理されたものを出していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を提供している老人ホームもあります。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。食事のし易さに重きを置きすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。口の中でまとまりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、肉や魚が食べにくい人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、いつまでも健康でいられるそうです。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。以前食べていたものを思うように食べられず、よく飲み込んだときにむせてしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品があれば、気持ちに少しゆとりができたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護をする側もされる側も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食はレベル別になっています。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で安全に食事を行うために非常に役立つ目安です。よく読まれてるサイト>>>>>介護 食事 宅配 ランキング