糖尿病の予備軍の方の食事は宅配食がベストチョイス!


患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。自覚症状のない病気の場合は、そう考えるのも無理はないです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。多種多様な栄養素を適量摂ることが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、献立づくりの悩み解消にもなります。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、健康的な心とからだを保ち、人生をたのしみながら送れるようにすることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって大きく作用します。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性との関係について調査する新しい研究分野です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ところが、糖尿病になったからといって、大抵の食べものを摂ることができます。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを意識することが目的となります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。どんなに忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってください。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その状態が継続、悪化してしまうとやがて合併症を引き起こす要因となります。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療の目的として食生活の改善が重要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。3食バランスよく食べて、できるだけご飯を少なくすることが大事です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。詳しく調べたい方はこちら>>>>>糖尿病 食事 宅配 口コミ