肝臓病を患っていても食事療法が的確ならば大丈夫!


肝臓病では 肝細胞がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内で増加し初めます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。故に的確なご飯療法を設けて、一定の水分・塩分・カロリー・エネルギーを体内に供給し続ける事が求められます。ガンマGTPは筋肉中の物質からできる老廃物で、肝臓に達してろ過された後尿と一緒に体外へ出されます。ガンマGTP量は、個人の筋肉や運動量に付随します。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が低下すれば、ガンマGTPの量も減少します。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するガンマGTP量が増加するので、平常時にくらべてガンマGTPの値が下がっていきます。ご飯で摂取したカロリーは、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は肝臓中で分解されて、残った老廃物は尿とともに体外へ出されます。過度にカロリーを摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、肝臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、カロリーの摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、カロリーは健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。肝臓病のご飯療法が上手くいくと、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、肝臓病の進行を妨げる事も可能になります。優れた効き目が出た際には、肝臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。ご飯療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。ご飯療法は、患者自身が自ら積極的に取り組める最善の手法になります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のカロリーを摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)に関しても案外多量のカロリーが入っています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して創られているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、必要以上にカロリーを摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のカロリーが含まれます。肝臓病でお困りの方に適した、カロリーの控えめな調整食が存在します。こうした製品を上手く活用する事で徹底したご飯管理を行なえます。肝臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かにご飯を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。独断でご飯プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。肝臓病を発症した方の行なうご飯療法の趣意は、なるべく肝臓病を悪化指せない事と、現在の健康状態のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法をもとに腎不全の進行をスローペースにし、透析を初める時期を遅くしていけます。加えて、透析を初めても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。体における3大栄養素に糖質・カロリー・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、肝臓や肺に居座り続けることはありませんが、カロリーに関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に肝臓に負荷が及びます。なので、意図的にカロリーの摂取量を抑える必要性があります。体の機能を保つ上で最低限のカロリーの量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30~40g程といえるでしょう。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っているすべての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみ行なう事となります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態を起こせば肝臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な制限はしてはいけないのです。
参考にしたサイト>>>>>ガンマGTP下げる食事