夜間頻尿を改善するためにはどんな治し方が?クレアギニンEXは?

夜間頻尿

頻尿といってもさまざまな種類がありますが、代表的な種類の一つとして夜間頻尿を挙げることができます。ここでは、この夜間頻尿とはどういったものなのかを解説します。

以下、特徴などを紹介していますので、参考情報としてチェックしてみてください。

夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは、就寝中に引き起こされる頻尿の症状のことをいいます。夜中に何度もトイレにいくようになるのが特徴です。

夜間頻尿はどうして引き起こされるのかといいますと、体の血のめぐりが悪く、冷えていることが主要な原因といわれています。

比較的高齢の人の割合が高いですが、男性の場合には前立腺肥大症といった病気により引き起こされるケースがあります。

夜間頻尿の症状

誰でも寝る前に水分を摂り過ぎると夜中にトイレにいきたくなることはあります。こういった場合の排尿に関しては、夜間頻尿とはいいません。

わたしたち人間の体は、就寝中には抗利尿ホルモンが出ており、尿の量が活動中より少なくなります。

そうして膀胱内に尿が溜め込まれにくくなっているのですが、夜間頻尿になる人は抗利尿ホルモンが分泌されず、夜間にトイレにいく回数が増加してしまうのです。

夜間頻尿の対策

病気が原因になっている場合はその治療を優先しなくてはいけませんが、冷えが原因の場合には冷え対策をしなくてはいけません。

体を冷やすものより温かくするものを摂るほか、手足や腹部を暖める冷え対策グッズも効果的に取り入れたいところです。

夜間の頻尿にノコギリヤシを配合した頻尿サプリがおすすめです。

頻尿の予防方法

トイレにいく回数が多くなったり、とくに外出中にトイレが近い状態というのは非常に不快なものです。なんとかして予防したいという人もいるでしょうが、方法はいろいろとあります。

ここでは、頻尿を未然に防ぐ方法をいくつか紹介しますので、参考にして実践してみてはどうでしょうか。

まずは病気の予防を

頻尿の症状は前立腺肥大症、前立腺炎、糖尿病といった病気によっても引き起こされます。こういった病気での頻尿予防は、病気の予防をしなくてはいけません。

日頃からかからないように生活習慣をはじめ、発症の原因をつくらないよう健康管理には注意したいところです。

水分量の調節

頻尿は膀胱炎や尿道炎のいち症状として引き起こされるものがあります。

水分量を摂り過ぎるとトイレが近くなりますが、膀胱炎や尿道炎による頻尿予防には十分な量の水分を摂らなくてはいけません。逆に頻尿の症状が出る原因とならないよう、1日あたり1~1.5リットルの水分を補給しましょう。

なお、トイレにいく回数が増えるのが嫌で、過度に水分摂取量を抑えると脱水症状が引き起こされやすくなるため注意しなくてはいけません。

尿のことを意識しない

過度に尿のことを意識し、頻尿の症状が引き起こされるようになる神経性頻尿という病気があります。この場合の頻尿の症状を未然に防止するためには、尿のことを気にしないことが大切です。

多少尿意をもよおしたくらいだとちょっと我慢してみる、自分の排尿頻度を悪いものだと思わず当たり前のように思うだけでも違います。

また、気を紛らわすために別のことに集中することも予防に効果的です。